表面仕上げの測定

AMETEK, Inc. ロゴ
計測システム 3D 表面粗さ/形状測定機 レーザー干渉計 位置決め/測長システム カスタム計測ソリューション 下取り、アップグレードプログラム


表面仕上げの測定

表面仕上げの測定 - クロスハッチ機械加工マーク
表面仕上げの測定 - クロスハッチ機械加工マーク

表面仕上げの測定 - 人工関節接合表面
表面仕上げの測定 - 人工関節接合表面
表面仕上げの測定 は 2 つの一般的な方法のいずれかで可能です。古い方法はスタイラスプロファイラーを使用する方法で、様々な形態で 100 年以上も使用されています。ZYGO の光学プロファイラー などの非接触方法のコンセプトは 1980 年代に開発されました。

表面仕上げの測定 用スタイラスプロファイラー

スタイラスプロファイラーは、測定されている表面に物理的に触れる接触プロファイラーで、通常は精密に均衡のとれたアーム先端にダイヤモンドチップがついています。スタイラスは表面と接触しドラッグされるので、ダイヤモンドチップが山や谷に接触するとチップは上下しますが、それ以外は直線を描きます。所定の箇所でスタイラスが上下した量が記録されます。その変動を基準表面と比較する場合もありますが、またはその動作をスタイラスアームの位置と比較して特定の基準点に対して検出する場合もあります。

スタイラス測定の結果は通常簡単なパラメータで表現されますが(Ra)、この数字は線形データセットから計算されます。線形データセットは通常プロファイルプロットで線として描かれます。

非接触プロファイラーでの表面仕上げの測定

粗さの測定 または 表面仕上げ の非接触方法も一般的です。例えば、 コヒーレンス干渉法 (CSI) がありますが、これは ZYGO 社の光学プロファイラー製品群で使用されています;焦点共有顕微鏡技術、焦点変化、ZYGO の Moire 干渉計などの構造化ライト技術;または、コンデンサを近接センサーとして使用して、磁場で誘発された変動を測定します。

非接触 表面仕上げ測定 が好ましいまたは必要な理由。

• 材料が柔らかい、脆い、純粋、または化学的に敏感で、接触方法に耐えられない場合

• 材料方向がファクターであり、一方向以上での 粗さ測定 が必要な場合

• 脆いダイヤモンド製スタイラスチップなどの消耗品を在庫に維持するのが難しい場合 - 光学表面形状測定装置では不要です。

• 材料の摩擦の測定、または機械加工されたマイクロ構造の量の測定などの容積測定データが必要な場合

質問フォーム
表面仕上げの測定、またはその他の Zygo計測アプリケーションについてのご質問は以下のフォームをご使用ください。

* *
電話番号 * Eメールアドレス *
会社または組織 * 職位または役割
Zip/郵便番号  
 
都道府県名 *
 
市町村 住所
  ZYGO Japanによるコンタクトに同意する場合、このボックスをクリック。 **
ご興味の程度を示してください...*
現在必要     今後必要     必要になる可能性がある     データ収集
質問を以下に入力してください。
* 入力必須  

メモ:フォームの送信に問題がある場合は、以下にご連絡ください:

** 本ウェブサイトの各ページ下部の“登録解除”リンクより、いつでも同意の取消しをする事ができます。

[ 閉じる ]
このサイトに進む場合、弊社のプライバシーおよびCookieポリシーに同意します。 OK

アプリケーションメモ マニュアル

メモ:アプリケーションメモのダウンロードにはログインが必要です。詳細はクリックしてください。

今すぐZYGOにコンタクト
What's New at ZYGO?
ソーシャルメディアアイコン LinkedIn Twitter Facebook YouTube
  Privacy and Cookie Policy        Privacy Policy Inquiry Form        Unsubscribe
× Enter the email address you would like to unsubscribe from future contact...

 

Or, if you have a question, please use our Privacy Policy Inquiry form.